ブログ

【英語中級者】爆速で英語脳をつくるたった1つの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TOEICやTOEFLなど、実用的な英語力を見る試験では、英語脳が重要になってきます。このエントリでは、英語脳の定義やその伸ばし方について、改めて考えてみたいと思います。

英語脳ってそもそも何?

英語脳という言葉には色々な定義が考えられますが、ここでは「日本語を介さずに英語を扱うことが出来る能力」とします。具体的には、ヒアリング・リーディングの際に英語から日本語に和訳をしない、また、ライティング・スピーキング等のアウトプットの際に日本語を作ってから英訳をしない、ということになります。

なぜ「英語脳」が重要か

英語脳がしっかりと出来ている人は、まず内容理解のスピードが段違いになります。英語から日本語にする作業は単語の対応だけでなく文法や語順も大きく変えなければいけないので大変です。また、ライティングやスピーキングの際に、日本語特有の表現に悩まされることが少なくなります。「『よろしくお願いします』って、英語で何て言うの?!」なんていう悩みは、英語をベースに考えることが出来れば無縁になります。

TOEICで高得点を目指して勉強をしている人も、スピードが課題になりがち。落ち着いて時間をかければ必ず出来るのに・・・!なんて言っても、試験の内容が変わるわけではありません。

試験や実用シーンだけではありません。英語脳が出来てくると、学習効率そのものが大きく変わり、これまでの限界が嘘のように力がついていきます。英訳や和訳を通して勉強をしていると、実際に脳が英語を扱っている時間は半分程度になってしまいます。逆に言うと、英語脳をつくるだけで学習効率は倍にすることが出来るのです。

このように、英語中級者がぶつかる壁を乗り越えて、上級者になるためには、英語脳の獲得が絶対条件になります。

英語脳をつくる勉強法

英語脳をつくる方法は極めてシンプルです。それは一切の和訳・英訳を諦めることです。とはいえ、日本語の対訳で覚えてきた単語や熟語を、すべて捨てるわけにもいきません。ですので、新しく単語や表現を覚える場合にのみ、和訳に頼らない、というところから始めてみることをおすすめします。

類義語辞典を活用する

覚え方はこうです。

  1. 単語集や英文などで知らない単語を見つけたら、英和辞典でも英英辞典でもなく類義語辞典を開く
  2. 出てきた類義語がわからなかった場合にのみ、英和辞典を使用する

実例を踏まえてみてみましょう。まず使用する類義語辞典について。すでに使っているものやお気に入りのものがあれば何でも良いですが、筆者のおすすめは Thesaurus.com です。スマホアプリにもなっているので、いつでも気軽に使うことが出来ます。

一例として「obsolete」という単語の類義語を調べてみましょう。

知らない単語の中に、知っている単語がいくつかあるはずです。「old」「old-fashioned」「antique」という単語からは、「古い」という意味であることがわかります。また「dead」「extinct」という単語からは、どちらかというとネガティブな意味での「古い」だということがわかります。

なお、Weblio英和辞典でobsoleteを検索すると結果は「すたれた、もはや用いられない、時代遅れの….」となります。

類義語辞典は英英辞典よりも使いやすい

類義語をおすすめする理由は、英文を読まなくても良いことです。多くの英英辞典では、英単語の定義が英語でされているため、どうしても和訳をしたくなってしまいます。また、1つの単語に対して多くの類義語が掲載されている場合が多いため、知っている単語が1つもないというケースは比較的稀です。まずは類義語辞典で学習を始めて、自信がついてきたらステップアップで英英辞典に移ることをおすすめします。

英語脳を鍛える方法としては他にもシャドーイングなどがあります。類義語による単語学習は、どこでも出来る、短時間で出来ると言った点で、最初の一歩としては理想的といえます。

曖昧さを許容しよう

この方法で勉強を始めると、最初は苦しいことも多いと思います。自分がよく知る日本語に対応しないので、目の前の英文が曖昧に見え、本当に意味を理解しているのか不安になると思います。筆者も最初にこの方法で勉強を始めたときはそうでした。

しかし、類義語学習を積み重ねていくと、当たり前のことに気づきます。英語とはいえ、日本語と同じように、人によって少しずつ使い方が違います。世界の共通語として使われる場合はなおのことです。英語脳を作るために重要なのは、自分なりの理解を積み重ねていくことで、本当の意味で語彙を身に着けていくこと。そのためには、英語を通して英語を学ぶことが、一見遠回りでも、最終的には一番の近道となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英会話のテラトーク

試験の面接対策や、職業ごとのロールプレイを、AI相手に話して練習できる。発音やリスニングのニガテをピンポイントで解析するから、あなたにぴったりの学習を実現します。スマートフォンがあればOK。PCは必要ありません。

 

くわしくみる