プレスリリース

人工知能による英語学習最適化を実現するための解析エンジン開発に関する協業開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

~2017年8月1日(火)より実験開始~

人工知能技術を活用した英語学習アプリ「TerraTalk」を手掛けるジョイズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柿原祥之)と、1年で英語をマスターできる”One Year English”プログラム「TORAIZ」を展開するトライオン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三木雄信)は、「TORAIZ」の学習効果をさらに高める「TORAIZ」受講生専用コースと、英語学習の進捗度合いを様々な側面から総合的に評価する解析エンジンの開発を目的とした協業を開始致しました。

この協業にともない、両者の知見を活かした次世代の英語学習プログラムを「TORAIZ」の受講生に実験的に提供いたします。

この度の協業では、ジョイズのAI英会話アプリ「TerraTalk」で培った自然言語処理・人工知能技術と、トライオンの「TORAIZ」の運営で培った知見を活用し、英語学習者の成果を出すことを最優先とした、英語学習プログラムの開発を進めてまいります。新たに開発された「TORAIZ」受講生専用コースでは、「TerraTalk」に「TORAIZ」のパーソナルトレーニングで厳選されたフレーズ50を導入します。

ジョイズが独自に開発したAIベースの解析エンジンにより、英語学習者は自身の現在の英語力、特に重点的に磨くべきスキルが総合的にわかるようになるだけでなく、集中的な学習効果をモニタリングすることが可能になります。

そのような点を活かしながら、「TORAIZ」のイングリッシュ・コンサルタントによる効果的な指導へも活用。こうして、AIと人間が協働することで、生徒一人ひとりの学習ポテンシャルを最大限に引き出します。

将来的には、学習ログと評価データを組み合わせた学習プランの最適化にも取り組む予定です。ジョイズとトライオンは、今後も多様な英語学習のニーズに応え、必ず効果が得られるようにあらゆる面から英語学習者をサポートして参ります。

本件に関する報道関係者お問い合わせ先

トライオン株式会社 沖口 TEL:03-6435-5622 mail: yuki.okiguchi@tryon.co.jp
ジョイズ株式会社 広報顧問 根本(株式会社シプード内) TEL:03-6277-2181 mail: pr@joyz.co.jp

▽AI英会話アプリ「テラトーク」概要

内容:AI(人工知能)が発音や表現のレベルを診断し、英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を学習できる英会話アプリ。

「恋人との会話」「空港のバゲージクレーム」などの実生活のシーンに沿ったコースから、「ウェイター」「ソフトウェア・エンジニア」など職種別のコースまで 豊富なコースが特長。初級者から上級者までの幅広い英語学習者が効率的に英語力を身に付けることのできるサービス。

URL: https://www.terratalk.rocks/ja/

※「次世代の英語学習プログラム」は、月額1,950円で利用可能。「TORAIZ」の受講生は無料でご利用いただけます。

学習機能単語ドリル、リスニング、スピーキング

学習進捗測定機能、ダッシュボード機能

料金無料 (有料プランあり 税込1,950円/月)
英会話学習コース数88種類(2017年2月現在)
収録単語数約50,000語(うち、重要単語ドリルでは約10.000語収録)
収録例文数約150,000例
対応言語英語、日本語
ユーザー分布国数136カ国
ユーザー平均TOEICスコア545点

目安:打ち解けた状況で、“How are you?” “How do you feel?”といった簡単な質問を理解できる(TOEIC公式サイトより)

▼共同開発予定の「TORAIZ専用コンテンツ」のイメージ

 

  

※ダウンロードURL:

https://itunes.apple.com/jp/app/terratalk/id1114037031?l=en&mt=8 (iOS版)

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.joyz.terratalk (Android版)

□ジョイズ株式会社について (http://www.joyz.co.jp/)

2014年10月10日設立。ソフトウェア技術による語学学習の徹底的なスケール化をビジョンとして「TerraTalk」(テラトーク、https://www.terratalk.rocks/ )を2016年2月にリリース。

ジョイズは、職種や趣味など、リアルかつ実用的な英会話をAI相手に学べるスマートフォンアプリをリリース後、継続的に教材を拡張し、1000を超える会話レッスン(7月31日時点)を提供しております。シチュエーションAIならではの柔軟性を活かし、サッカーコーチ向け英語コースの開発や、英検の面接対策などを提唱しています。

音声認識や対話処理技術を活用し、英会話の実践から測定までをソフトウェアで実現。業種や職種、趣味ごとに綿密なリサーチと品質管理のもとカリキュラムを自社設計。明日から「使える・伝わる」英会話サービスの提供を目指しています。

□トライオン株式会社について (http://www.tryon.co.jp/)

2006年12月22日設立。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信教育の総合ポータルサービス「脳内カレッジ」を運営。

2015年6月より英語マスター1年完全サポートプログラム『TORAIZ』の提供を開始。

1年間の英語学習を、専属のイングリッシュ・コンサルタントが完全サポートするプログラムの『TORAIZ』(トライズ、http://toraiz.jp/)は、「仕事が忙しい方でも、日本にいながらにして1年で英語をマスターできる」をコンセプトにした、個人の能力に最適化したアダプティブラーニングです。2015年6月のサービス提供開始以降、独自のサポート内容やカリキュラムにたくさんのご好評をいただき、直近6ヶ月間で生徒数は約231%増加を実現いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る